フェリー輸送のパイオニア|関光汽船株式会社

物流サービス

グループフェリーを組み合わせた
国際・国内複合一貫輸送

中国・韓国からフェリー輸送した複数荷主の輸入貨物を関東に一貫輸送します。
グループによる海上ネットワークがある関光汽船だからご提供できるサービスです

国際・国内複合一貫輸送

本サービスは、SHKライングループ内の国内外のフェリーを組み合わせた国際・国内複合一貫輸送で、中国・太倉港からのグループの「蘇州下関フェリー」の直航便、および山東省エリアから中韓のフェリーとグループの「関釜フェリー」を組み合わせた複合一貫輸送で、貨物を下関港(山口県)に集約・輸入通関します。

下関港では複数荷主の輸入貨物をトレーラーに混載し、新門司港(福岡県)から横須賀港(神奈川県)まで運航している「東京九州フェリー」の無人航送を利用して関東に輸送。横須賀到着後は、提携倉庫に横持ちして貨物を仕分けし、関東圏の最終仕向け地に中小型トラックで配送します。

国際物流の混乱への解決策

昨今、国際物流においては、コンテナ輸送・航空輸送の輸送遅延や運賃の高騰による国際物流の混乱が各所で発生しております。
関光汽船の国際・国内 一貫混載輸送サービスは全航路を弊社グループフェリーで輸送するため、遅延のリスクを最小限に抑え、輸送コストも抑制することができます。

トラック輸送と遜色ないリードタイム

リードタイムは、トラック輸送と遜色なく、蘇州下関フェリー・関釜フェリーの下関入港の翌々日に関東各地に配送できます。東京九州フェリーは新門司港を夜に出港するダイヤとなっており、下関に朝到着した輸入貨物を当日出港便に接続可能なため、下関到着翌々日に関東圏への配送が可能となり、トラック輸送などと比べてもリードタイムに遜色がありません。
さらに、複数荷主が個別に輸送していた小口貨物を積載効率の良いトレーラーに混載し、さらにフェリーの無人航送を利用するため、物流業界の2024年問題の解決策となります。

海上輸送による環境対策(CO2排出量の削減)

国際・国内 一貫混載輸送サービスのCO2排出量の削減効果は大きく、例えば、下関港から関東へトラック輸送した場合と比べて、フェリー利用の場合はCO2排出量を約70%削減できます。また、大阪港から関東へトラック輸送する場合と比較しても、本サービスではCO2排出量が約40%削減できます。

お問い合わせ

お見積りのご相談、輸送に関するご質問など、何でもお気軽にお問い合わせください。

物流サービス

国際・国内部門の物流サービス

営業資料ダウンロード

関光汽船の特長

設備紹介

関光汽船の各種設備をご紹介します。

関光汽船とは

海より速く、空より安く

グループであるSHKライン(新日本海フェリー、阪九フェリー、関釜フェリー、蘇州下関フェリー、東京九州フェリーなど)の
航路網を利用し”海より速く、空より安く”(コンテナ船よりも速く、航空便よりも安く)をモットーに
中国・韓国と日本各地を結ぶ国際物流サービスと、日本国内を網羅する海上ネットワークを活用した
国内物流サービスを展開しております。

お問い合わせ

お見積りのご相談、輸送に関するご質問など、何でもお気軽にお問い合わせください。