フェリー輸送のパイオニア|関光汽船株式会社

国内物流

ネットワークを活かした
海陸一貫輸送

SHKライングループフェリーを中心にネットワークを活かした海陸一貫輸送で
フェリーによる国内輸送、モーダルシフトの推進、物流の効率化をご提案いたします。

日本全国を網羅する海上ネットワーク

国内部門では、グループ会社である阪九フェリー(株)、新日本海フェリー(株)、2021年7月就航の東京九州フェリー(株)、ならびにオーシャントランス(株)のネットワークと自社・グループで約2,000台に及ぶトレーラーを相互使用し、北海道から九州までフェリー輸送を通じモーダルシフトに寄与しています。
陸上輸送と比較しても渋滞や事故のリスクが軽減され、近年頻発している自然災害による道路の通行止めや鉄道路線の遮断による輸送停止等、災害時のBCP対策にも有効な輸送モードとなります。

高品質の輸送サービス

荷姿に応じて、アルミウイング、低床アルミウイング、ジョロダー車、アコーディオン車等の車両をご提供します。
全てエアサス車であり、走行中の振動も緩和されます。
また、グループ船社は20,000トンクラスの日本最大級の大型フェリーであり、旅客も乗船するため、定時性に優れ陸路や鉄道と比較しても振動も最小限であり、輸送中の振動による製品ダメージを防ぎます。
集配業務は貨物自動車運送事業安全性評価事業の基準をクリアした物流子会社を中心に対応いたします。

環境負荷軽減(CO2削減)

SDGs、ホワイト物流の活動を通じて近年問題となっている環境負荷軽減(CO2削減)に取組みます。
CO2削減に向け、陸送輸送からフェリー輸送へモーダルシフトし、物流の効率化及び環境に優しい輸送を設計いたします。

国内フェリー輸送の流れ

日本初の長距離フェリー『阪九フェリー』、日本海側北海道航路のパイオニア『新日本海フェリー』両フェリーの母体であった『関光汽船』にはイノベーターの精神が今も健在で、従来から環境問題(CO2削減)に取り組み、物流コスト削減、BCP対応、異業種共同輸送を通じた物流効率化に貢献する新時代の物流モードをお客様の現場から設計いたします。

 

  • STEP01 輸送オーダー
    お客様からの輸送オーダーを受注
    輸送に関わる全ての手続き/手配をお客様に代わり、一括で行います。
  • STEP02 積込
    お客様の指定場所まで伺い荷物を集荷いたします。
  • STEP03 乗船
    集荷したトレーラー(荷台)をフェリーに積み込みいたします。
  • STEP04 海上輸送
    北海道から九州までグループフェリーで運び、日本全国をカバーいたします。
  • STEP05 下船
    トレーラー(荷台)をフェリーからおろします。
  • STEP06 配達
    お客様指定の場所まで伺い荷物をお届けいたします。

関光汽船の物流サービス

20トントレーラーの海上輸送・倉庫保管サービスで、
より利便性の高い輸送を提供します。

よくある質問

  • フェリー輸送の強みは何ですか。

    フェリー輸送は、昨今問題になっている乗務員の人手不足や労働時間を改善でき、環境負荷も低い優れた輸送方法です。
    また、定時性が高く、一度に大量の貨物を輸送できるので、安定して持続可能な輸送を提供することができます。

  • 輸送中に貨物へのダメージはありませんか。

    貨物への負荷が少ないエアサス車両(※)を利用し、輸送時の振動をできるだけ低減しています。
    また、フェリー輸送を組み合わせることで、陸送距離の短縮により交通トラブルのリスクも軽減できます。
    ※エアサス車両=空気のバネ(サスペンション)で車体の高低を調整し、走行中の衝撃(道路上の凸凹など)を和らげる車両

  • どのような貨物を輸送していますか。

    食品、飲料、日用雑貨、化成品、タイヤ、雑貨、鉄鋼など多くの企業様の輸送に関わり、多種多様な製品の取扱いを行っています。

  • 温度管理が必要な貨物は運べますか。

    はい。SHKライングループ全体では保冷車を所有しています。
    お問い合わせから、または最寄りの営業店所にご相談ください。

  • 20トン以上の貨物を運べますか。

    はい。弊社は、最大積載重量が20トンを超える3軸車のトレーラー車両も所有しています。
    ご希望の貨物に合わせた容器・車両をご提案できます。

  • 貨物がまとまらないと運べませんか。

    いいえ。弊社では、混載輸送などお客様のニーズに沿ったご提案ができます。
    お問い合わせから、またはお客様の最寄りの営業店所にご連絡ください。

  • SHKグループ以外のフェリーやRORO船を利用した輸送を手配できますか。

    はい。グループ以外のフェリー船社や同業者とも提携していますので、対応可能です。
    詳しくは、お問い合わせから、または最寄りの営業店所にご連絡ください。

  • 集荷・配達先が2カ所以上ある場合対応できますか。

    はい。対応可能です。ただし、輸送距離や配送時間を確認させて頂き、可能な範囲であれば対応いたします。
    また、1か所集配の場合とは輸送日数・料金が異なる場合がありますので、詳しくはお問い合わせから、または最寄りの営業店所にご相談ください。

  • 深夜の集荷、配送は可能ですか。

    深夜配送につきましては、ご要望に合わせて検討いたします。

  • 倉庫は所有していますか。

    はい。下関市彦島地区と北九州市小倉北区西港地区に倉庫を所有しています。
    詳しくは、倉庫保管サービスをご覧ください。

  • SOx規制とは何ですか。

    船上(エンジンや発電機など)での燃料油の燃焼により生じる硫黄酸化物(SOx) による大気汚染を防止するため、舶用燃料油の硫黄含有率を一定値以下に規制することです。

  • BAFとは何ですか。

    BAF(Bunker Adjustment Factor)とは、船舶燃料価格の急激な変動に対処するためにかかる調整運賃のことです。
    運賃とは別に発生する費用となり、四半期毎の改定となります。また、船社により設定は異なります。

関光汽船の特長

設備紹介

関光汽船の各種設備をご紹介します。

物流サービス

貴社が抱える輸送の課題についての解決策をご紹介します。

お問い合わせ

お見積りのご相談、輸送に関するご質問など、何でもお気軽にお問い合わせください。

関光汽船とは

海より速く、空より安く

グループであるSHKライン(新日本海フェリー、阪九フェリー、関釜フェリー、蘇州下関フェリー、東京九州フェリーなど)の
航路網を利用し”海より速く、空より安く”(コンテナ船よりも速く、航空便よりも安く)をモットーに
中国・韓国と日本各地を結ぶ国際物流サービスと、日本国内を網羅する海上ネットワークを活用した
国内物流サービスを展開しております。