フェリー輸送のパイオニア|関光汽船株式会社

課題から探す

物流業界の2024年問題対策

2024年問題とは、「働き方改革関連法」の自動車運転業務への適用が開始されることで
発生する遵守事項を守る動きのことです。

物流業界の2024年問題対策

2024年問題とは、「働き方改革関連法」の自動車運転業務への適用が開始されることにより発生すると危惧されている、経営・トラックドライバー不足・輸送停滞問題です。

近年ドライバーの高齢化、若手の採用難航などドライバーの人材不足が顕在化している物流業界において、2019年4月に施行された改正労働基準法の「時間外労働の上限規制」の猶予期間が設けられていた自動車運転業務については、上限規制が2024年4月から適用される予定です。

ドライバーの時間外労働は年間960時間に上限規制され、60時間超の時間外割増賃金率は25%から50%に引き上げられます。
正規・非正規社員の同一労働同一賃金への是正も必須となります。
これらの改正により、運送会社および荷主企業は下記の問題を抱えることになります。

・人件費高騰による経営圧迫
・物流コストの上昇
・実質減収になるドライバーの大量離職、人材不足
・手間や時間のかかる輸送案件の拒否

厚生労働省によると、そもそも働き方改革とは「働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現することで、成長と分配の好循環を構築し、働く人一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指す」ことを指します。

経営、トラックドライバーの働き方改革の実現、輸送停滞への対応として、運送会社・荷主企業がともに、今から輸送体制の見直しを図りましょう。

関光汽船が
そのお悩みを解決します

  • 01

    ドライバー不足
    フェリー輸送はトレーラーを利用し、ドア・トゥー・ドア輸送を実現。無人で長距離輸送ができ、ドライバーはフェリーの寄港地点と集配先への短距離運転で済むため、ドライバーの効率的な配置運用が可能となります。

  • 02

    人件費の高騰・経営圧迫
    トレーラーをフェリーで輸送するので、海上輸送中は無人輸送が可能。人件費・物流コストの大幅な削減を実現できます。
    また、ドライバーがフェリーに同乗する場合は休息時間として取り扱いが可能。月間拘束時間の上限を遵守しやすく、コンプライアンス対策にもなります。

  • 03

    安定輸送の実現
    陸送は道路状況や天災により大きな遅延が発生する危険性もあり、輸送遅延対策にドライバーが現地に早く到着して路上駐車に及ぶ待機トラック問題は、ドライバーの労働時間増加・離職の一因でもあります。
    フェリー輸送は定時性に優れ、輸送スケジュールの安定化を実現でき、BCP対策にも有効です。

  • 04

    輸送の効率化
    関光汽船では異業種共同輸送サービスを承っております。各社が個別で手配している片道の輸送をひとつに取りまとめ、1台のトラックでラウンド輸送することにより、輸送の効率化を実現。CO2排出量削減はもちろん、ドライバーの運転時間を省力化できます。

フェリー輸送 事例

異業種共同輸送

食品メーカー、日用雑貨メーカー、物流機器メーカーの異業種3社で共同幹線輸送を実現しました。
総合効率化計画認定
グリーン物流パートナーシップ会議優良事業者表彰「国土交通大臣表彰」

利用航路 オーシャントランス(東京ー徳島ー新門司)
効果 CO2排出削減量 62.0%削減
ドライバー運転時間省力化 75.9%削減
実車率 99.5%

国際・国内物流

国際・国内部門の物流サービス

関光汽船の特長

設備紹介

関光汽船の各種設備をご紹介します。

課題から探す

貴社が抱える輸送の課題についての解決策をご紹介します。

お問い合わせ

お見積りのご相談、輸送に関するご質問など、何でもお気軽にお問い合わせください。